CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
自信をつける 前向きになる モチベーションアップの悩み相談サイト
最新講座ランキング
1位:プロのカウンセラーは一体どんなふうに人と接するのか? 実際にプロが人とどう接しているか、プロの技術をアナタはご存知ですか? これが知られざるプロのカウンセリング技術だ! 2位:人はなぜ自分を好きになれないことが多いのか、そして、なぜ自分を好きになることが大切なのか? 意外と理解されていない、その本当のワケとは...... 3位:素朴な疑問だけれど、人間関係はどうして難しいのか、また、どうすれば人間関係がスムーズになるのか? 改めて知りたいと思いませんか? 人間関係がスムーズになる秘訣はこんなにカンタンだった。 4位:なぜか他人の目が気になって仕方ない。やりたいこともできず人生損してる気がする。もっと積極的になりたいと思ったことはありませんか? こうすれば他人の目なんてもう気にならない! 5位:「木を見て森を見ず」にならないよう、多角的・総合的に自分を磨きたい。リーダーになる資質をお持ちのアナタは必見です! ワンランク上を目指すアナタへの大事なお知らせ。 6位:小難しい理論や能書きはもう要らない、具体的にどうすればいいか知りたいだけだ!いざというとき役に立つ、超実践ノウハウの数々、アナタも見逃してはいけません。 いますぐ実践ノウハウを手に入れて使い始めるには.....
自己啓発書
最も読まれている記事は?
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
自己を変えたい人へ

こんにちは、鈴木です。



「いくつであっても人は変われる」


カウンセリングで様々な年齢の方とお話していると、
人間はいくつになっても成長できるのだな・・と感じます。

私が今までカウンセリングを通して出遭った人は
小学1年生の子どもから70代の方までと幅広い年齢層の方々。

多くの方々が、カウンセリングを続けていく中で
人間的な成長を見せてくれました。


その経験からわかったこと。


それは、人間はいくつになっても成長できるということ。

そして、「変わろう」と思ったら、
いくつになっても変われるということです。


本人の強い気持ちさえあれば、
たとえ70歳であっても人は変われます。

小学1年生の子どもであっても、
自分自身を真っ直ぐ語ることで、成長していきます。


この場合の「成長する」「変わる」というのは、
「物事の捉え方」やその土台となる「価値観」などが変わること。

そしてそのために必要な「経験」をしていくことです。


この経験をするのに、年齢は関係ありません。

いくつであっても人は変われると、私はそう思います。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 前向きになる方法 | 13:42 | - | - | pookmark |
前向きになるカギは?

こんにちは、鈴木です。


ちょっとお知らせがあります。

少し先のことなのですが、
9月29日(土)・30日(日)に
「エンカウンターグループ」を開催します。


今回は2日間開催となり、
初日の夜には懇親会もセットとなります。

詳細は追々お伝えして参りますが、
今のうちにスケジュール、空けておいて下さい(笑)



さて、ここからが本題。


「"ありがたみ"が力になる」


今、あなたはどんな問題にぶつかっていますか?

どのような困難に直面し、今、
どんな気持ちで過ごしていますか?

心細かったり、自己嫌悪だったり、
怒りや嫉妬だったり、やりきれない思いであったり、
無気力など、いろいろな状態かもしれません。


世の中には「意思」の力で
前向きになれる方も多くいらっしゃいます。

こうした方法で前進できるのであれば、
大いに活用して頂きたいところです。


しかし、「意思の力」でも前向きになれない人もまた、
多くいらっしゃるのも事実。


そうでなければ、うつやうつ病という
診断をされる方が"年間で100万人を超える"
という数字は出てこないはずです。


カウンセリングに来られた方々も、
意思の力だけではどうにもならない。

だからカウンセリングに来られるわけですね。


さて、実はそういう方々でも、
立ち直っていかれるプロセスがあるんです。

それは果たしてどういうプロセスだと思われますか?


一言でいうと「ありがたみ」を感じるプロセスなんです。


「信頼する人に心ある言葉をかけてもらえた。」

「講演会や本にある言葉が琴線に響いた。」

「道ばたに咲いている花がフッと"きれいだな"と感じた。」



これらは、カウンセリングの中でよく出てくる証言です。


それまで見えていなかったことが見え、
盲目になっていたことに目が開いた。

その瞬間、私たちはそこに
「ありがたみ」を感じるわけです。


自分を下支えしてくれている人がいる。
自分は一人ではないんだ。

怖れたり焦ることはなく、
落ち着いてやればいいんだ。

世の中、絶望ではなく、
まだ希望ももてるんだ。


何らかの経験からそう実感できたとき、
私たちは力を得ます。

なぜなら、こうした気づきによって
「ありがたみ」を感じるからです。


この「ありがたみ」を感じるプロセスの長さは、
個人差があります。

短い人もいれば、長く時間がかかる人もいます。

しかし、いずれにしても「ありがたみ」は、
私たちが前進する上で、大きな励みに
なることは間違いありません。


カウンセリングを経験したり、学んだりすることで、
こうした「ありがたみ」という経験が
不思議と多く出てきます。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<









| 前向きになる方法 | 22:30 | - | - | pookmark |
スランプ克服のカギ

こんにちは、鈴木です。


「スランプ脱出のカギは?」


スランプはスポーツの世界だけの話ではありません。

仕事の業績がふるわない。

今まで出来ていたことに自信を失う。

これらもスランプといえます。


先日、あるスポーツ経験者と話をしました。

学生時代、バレーボール部に所属し、
本格的に活動していたそうです。


しかし、ある時からスランプに陥り、
基本的なスパイクですら、まるで打てない。

いえ、実際は打てているのですが、
本人の感覚として、打てる気がしなかったそうです。

そこで、私はこう質問しました。


「どうやって克服されたのですか?」


その答えはこうでした。


「ひたすら練習を続けました」


スランプの克服法は、いろいろあると思います。


あえて練習をやめ、休養し、リフレッシュする。

一から自分の動作をチェックし直す。

この方の場合は、ひたすら練習しました。


いずれにしろ大切なこと。

それは「克服できる」と信じることのようです。


「克服できる」と信じたり、「克服するんだ」と強く思う。

だからこそ、リフレッシュにしても、
動作チェックやひたすら練習にせよ、ずっと続けられる。

つまり「あきらめない」ということです。


つまり、スランプ克服のカギは、
克服できるまで続けること。

そこには「あきらめない」という気持ちが必要のようです。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<














| 前向きになる方法 | 10:05 | - | - | pookmark |
幸せな生き方を手に入れる秘訣?

こんにちは、鈴木です。


「幸せに生きるために必要な力って?」


数多くのカウンセリングを通して、
様々な人たちの問題と向き合ってきました。

そんな経験から、幸せな人生を生きるために
必要なことは何かを考えるようになりました。


自分が幸せだなあと思える生き方。
感謝や充実感を覚える人生。

そんな人生を生きるために必要な力。
それは次の2つの力だと言うことができます。


1)対人関係能力(コミュニケーション)

様々な人と良好な関係を築く力。
多くの人たちから深く信頼される力。

それは、1にも2にも、
コミュニケーションの力です。

こうしたコミュニケーション力のカギは
感受性と人間性を磨いていくことです。


2)問題解決能力

人生では様々な問題やトラブルに遭遇します。
そんな困難の数々を乗り越え、
失敗を糧に幸せな人生を手に入れる。

そのためには、問題を発見し、
その解決方法を見つけ、実践する。

そして、その過程でのストレスに
粘り強く耐えて行動する。

こうした力が必要です。


まあ厳密にはいろいろな力が必要ですが
大きくいって、この2つの力さえあれば、
幸せな人生を守れると言ってもいいでしょう。


カウンセラーは、カウンセリングに訪れた方に
この2つの能力を身につけてもらうよう
様々な働きかけを行います。


つまり、アドバイスによる解決ではなく、
2つの能力を身につけ、その人の力で
難局を乗り切れるように成長してもらう。


それがカウンセリングの目標の一つ。


つまり、カウンセリングを受けたり、
カウンセリングのスキルを学ぶということは、
この2つの能力をマスターすることなのです。


私はカウンセリングを受ける方にも、
カウンセリングを学ぶ方にも、
この2つの能力を養って頂くこと。

これを念頭においています。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<










| 前向きになる方法 | 19:08 | - | - | pookmark |
行動する人間になる方法

こんにちは、鈴木です。


「頭でわかっていても、心が伴わない」


そういうことってないですか?

例えばよく「行動しよう」といいますよね。
何事も行動しないと始まらない。

これ、誰もが知っているし、頭ではわかっている。

何もしないで考えていてもしょうがない。
だからまずは動くこと、行動に移すことが重要。

あなたも聞いたことがあると思います。



ところが、実際はいろいろ難しい。



失敗したらどうしようと考える。
また無駄に終わったらと思うとやる気になれない。


人間はそもそも変化を嫌う生き物。
生命の防衛本能が働くので、変化を嫌う。

だから、新たな行動を起こすことに抵抗感が出てくる。


他にも理由はいろいろあるんですが、
頭では「行動しなきゃ」とは、わかってるけど、
心が伴わない、心が動いてくれない。

それでなかなか行動に移せない。
だから、状況も変わらない。


こういうジレンマってありますよね?


こういう時は焦ってもしょうがないんです。
先ず、自分の今の気持ちを見つめることです。


自分は失敗を恐れているんだな・・・とか、
ガッカリすることが嫌なんだな・・・とか。

自分のことを周りが受け入れてくれるかな・・・
今の不安や不満が行動したらすぐ無くなるのかな・・・・


こうした様々な気持ちや思いが働いているはずです。

先ずはそうした一つ一つの気持ちを批評するのではなく、
その気持ちを全て尊重してください。


良いとか悪いとか、正しいとか間違っているとか、
すべきとかしてはいけないとか、
善悪・成否の判断を加えないことです。


後ろ向きな時や調子の悪い時は、
大抵、自分のそうした気持ちを批判し、自分を責めてしまうもの。

善悪や成否などのジャッジを行わないことです。


ジャッジよりも尊重です。


自己尊重、自己受容からはじめます。
自己肯定、自己評価はその次になります。

なぜなら、尊重できれば、自ずと肯定に移ります。
スンナリいかなくても焦らないことです。

人間は基本的には、自分を尊重したいと思っているもの。
その自然な気持ちが立ち上がってくる土壌を整えましょう。







自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<












| 前向きになる方法 | 10:55 | - | - | pookmark |
すぐに前向きになる秘密?

こんにちは、鈴木です。


「すぐ、前向きになれる方法ってありますか?」


実はあります。でも、小細工ではありません。
本当の意味で前を向ける方法です。


そもそも、私たちはなぜ、不安になるのか?
どうして悲観的になりがちなのでしょう?


それは、自分の将来が描けないから。


この先どうなるのかわからない。
場合によっては、お先真っ暗としか思えない。
こういう時に、私たちはつい、弱気になりがちです。


しかし


こういう時こそ、逆に考えましょう。
どうなるかが見えてくれば、
先が描ければ、不安は減っていきます。


自分がこれからどうすればいいのか。
自分は何ができそうか。

これが自分なりに描けてくると、
いたずらな不安には陥らなくなるんです。


つまり、前を向けるようになるんです。
これが前向きになれる秘密ですね(^^)


カウンセリングでも、ここがキモ。
お互い話し合い、今から何ができそうか。
そこを二人で描くから、不安が解消されます。


そして、できるだけ具体的にしていきます。
今から何ができるか。何をすればいいのか。
行動レベルにまで落とし込めばいいんです。


ただし、いきなり行動をかんがえない。
何をすればいいかの前に、
現状の把握をしっかりと行います。


漠然とした不安から入り、
具体的な行動計画を立ててしまう。
これも私の得意分野です。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<









| 前向きになる方法 | 09:48 | - | - | pookmark |
<< | 2/2PAGES |