CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
自信をつける 前向きになる モチベーションアップの悩み相談サイト
最新講座ランキング
1位:プロのカウンセラーは一体どんなふうに人と接するのか? 実際にプロが人とどう接しているか、プロの技術をアナタはご存知ですか? これが知られざるプロのカウンセリング技術だ! 2位:人はなぜ自分を好きになれないことが多いのか、そして、なぜ自分を好きになることが大切なのか? 意外と理解されていない、その本当のワケとは...... 3位:素朴な疑問だけれど、人間関係はどうして難しいのか、また、どうすれば人間関係がスムーズになるのか? 改めて知りたいと思いませんか? 人間関係がスムーズになる秘訣はこんなにカンタンだった。 4位:なぜか他人の目が気になって仕方ない。やりたいこともできず人生損してる気がする。もっと積極的になりたいと思ったことはありませんか? こうすれば他人の目なんてもう気にならない! 5位:「木を見て森を見ず」にならないよう、多角的・総合的に自分を磨きたい。リーダーになる資質をお持ちのアナタは必見です! ワンランク上を目指すアナタへの大事なお知らせ。 6位:小難しい理論や能書きはもう要らない、具体的にどうすればいいか知りたいだけだ!いざというとき役に立つ、超実践ノウハウの数々、アナタも見逃してはいけません。 いますぐ実践ノウハウを手に入れて使い始めるには.....
自己啓発書
最も読まれている記事は?
MOBILE
qrcode
<< 心を整えるために必要なこと | main | 今の生き方が5年後の人生を決める >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
心を安定させる方法

こんにちは、鈴木です。


「心を安定させるもう一つの秘密」



自信をもつためにもう一つ隠れた秘密があるといったら・・・

あなたは興味ありますか?

どういうことか、ご説明しましょう。


一般的に自分に自信をもつには、何かを達成することが必要だと思われています。

仕事でも学業でも成果を上げ、好結果を得ることによって自信がつくというものです。

そして、それによって周囲に評価され、認められることでさらに自信がつく。

そう思っている人は非常に多いと思います。


次に、自分に対する捉え方を否定的なものから肯定的にすることも重要でしょう。

自己評価をいたずらに低くするのではなく、もっと高いものにしていく。

これは仕事や学業の成果が上がるのを待たずにできますね。


「自分なんか、何をやってもどうせ上手くいくはずがない」

「人は自分のことを"使えない人間だ"という目で見ているかもしれない」

「自分は周りから"存在価値"がないと思われているのではないか」


このように自分を責め、低く評価することで、自信喪失につながってしまうわけです。

つまり、自分の自信を削いでいるのは、他ならぬ自分自身だということになります。

そこで、自分に対する捉え方を変えていきます。


「自分ならできるかもしれない」

「周りがどう見ていようと、自分のできることを精一杯やるしかない」


こんな風に自分に対する捉え方(言葉)を入れ替えてみるのもいいでしょう。

実際私も自分に価値があるかどうかなど、あまり考えたことはないんです。

価値なんかなくても生きていけるし、生きてもいいんだと思っているところがあります。


まあそれはともかく、こうした自分自身へのアプローチによって、
自信をもてるようにするということですね。


ただ、これらはあくまでも自分一人に焦点を当てたものですね。

「個」に焦点を当てた考え方といえるでしょう。

しかし、社会で生きていくためには、
一人だけでなく、いろいろな人と関わりが必要です。

あなたもこれまで誰かから影響を受けたり、誰かに影響を与えたりしてきたはずです。

ということは、人との関わりといった経験から自信を得たり、
逆に自信を失ったりしてきたかもしれませんね。


実は、ここにあなたが自信をもつための重要なカギがあります。

ある意味それは、一般に言われる自信という概念をも超えたものかもしれません。

精神的な安定感とか人としてのバランスの良さ・・といった感覚に通じるものですね。

では、あなたがそうした精神の安定感を手に入れるために
必要な経験とは、どのようなことなのでしょうか?


心に安定をもたらすその瞬間とは、実は、次のような瞬間なんです。


「自分の本当の気持ちに深く共感されたとき」


ポイントはあなたの"本当の"気持ちというところです。

そして共感されること、それも"深く"ですね。


自信を失った多くの人たちが、自分の本当の気持ちを否定された経験をもちます。

逆に、自分の本当の気持ちを肯定されるような経験があると、自信がもてるようになっていきます。

人間として成熟するためには、自分の様々な感情を受け入れてもらえたという経験が必要です。

自分の本当の気持ちを受け入れてもらえるということは、自分が様々な感情を抱いてもいいのだと思えること。

そんな風に自分の様々な感情にあなたがOKを出せれば、生きるのがとても楽になります。


そして自分の気持ちを肯定されたという経験の中で、
最もそれが強く実感できる瞬間が、人から共感された瞬間なんですね。

自分と同じ気持ちになってくれたという経験によって、
限りなく肯定されたという実感を得ることになるんです。


「ああ、わかってくれたんだ・・・」


誰かに自分の本当の気持ちに共感してもらえたら、
あなたは限りない安心と心強い感覚を覚えるはずです。

共感される、理解されるということは、それほど大きな喜びなんですね。

そしてその共感の度合いが深ければ深いほど、救われたり、勇気を得られるものです。


カウンセリングのグループセッションで「エンカウンターグループ」というものがあります。

近々開催予定ですが、このグループセッションも同様です。

グループメンバーから自分の本当の気持ちを深く共感される経験をする。

その経験が心の安定、安らぎ、そして勇気を与えてくれるんです。


何か結果を出して、評価を得ることで自信をもつこともあります。

自分自身の捉え方を意識的に変えることで自信をもつこともあります。

そして今回お伝えしたように、自分の本当の気持ちを深く共感されることによっても同様です。


つまり、あなたが心の安定を得るには、知識や意識的な努力だけでなく、
心が動かされる経験が必要だったということになります。

自分の正直な思い、気持ちを深く共感してもらえたという経験。

ああ、わかってもらえたんだ・・という実感。

それがあなたの心を動かし、力へと変わり、結果的に自信につながっていくわけですね。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 20:34 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:34 | - | - | pookmark |