CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
自信をつける 前向きになる モチベーションアップの悩み相談サイト
最新講座ランキング
1位:プロのカウンセラーは一体どんなふうに人と接するのか? 実際にプロが人とどう接しているか、プロの技術をアナタはご存知ですか? これが知られざるプロのカウンセリング技術だ! 2位:人はなぜ自分を好きになれないことが多いのか、そして、なぜ自分を好きになることが大切なのか? 意外と理解されていない、その本当のワケとは...... 3位:素朴な疑問だけれど、人間関係はどうして難しいのか、また、どうすれば人間関係がスムーズになるのか? 改めて知りたいと思いませんか? 人間関係がスムーズになる秘訣はこんなにカンタンだった。 4位:なぜか他人の目が気になって仕方ない。やりたいこともできず人生損してる気がする。もっと積極的になりたいと思ったことはありませんか? こうすれば他人の目なんてもう気にならない! 5位:「木を見て森を見ず」にならないよう、多角的・総合的に自分を磨きたい。リーダーになる資質をお持ちのアナタは必見です! ワンランク上を目指すアナタへの大事なお知らせ。 6位:小難しい理論や能書きはもう要らない、具体的にどうすればいいか知りたいだけだ!いざというとき役に立つ、超実践ノウハウの数々、アナタも見逃してはいけません。 いますぐ実践ノウハウを手に入れて使い始めるには.....
自己啓発書
最も読まれている記事は?
MOBILE
qrcode
<< 前向きになるカギは? | main | コミュニケーション悩み解決の秘訣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
仕事で失敗しないために

こんにちは、鈴木です。


「今、話していて気がついたんですが・・・」


カウンセリングをしていくと、こんな言葉が出てきます。


カウンセリングで話をしていくうちに、
相談者が今まで気づいていなかったことに気づく。

それは、自分の「ものの見方・捉え方」であったり、
自分の中にある「感情」であったりします。


こうした隠れた捉え方・感情が発見されるにつれ、
その人は問題解決の道を一歩、また一歩と進みます。

これは一人だけの作業(本を読む、ワークをする)では、
なかなか気づいたり見えてきたりしない領域のものです。


例えば、こんな事例がありました。

Uさん(30代男性)とします。
※ご本人に掲載許可を頂いております。


学生時代にからかわれたり、無視された経験をもつUさん。

その経験から自分はダメな人間、
価値のない人間だと思うようになりました。


そのため、何か大きな成果を上げれば、周囲に認められたり、
自分自身でも自分を認められる。

そういう思いがあり、仕事で無理を重ねてきました。

その結果、失敗を立て続けにしてしまい、
余計に自己嫌悪を深めました。


しかし、Uさんはカウンセリングを続けていく中で、
自分が自分を否定的にしか見れていなかったことと向き合います。

そして、それは学生時代の経験が
大きかったことに気づいていきました。


時にはUさんの涙と共にカウンセリングは進みました。

しかし、最終的にUさんは途方に暮れていた自分を見つけ、
そんな自分を全面的に受け容れようという気持ちになりました。

自分自身を受け容れたUさんには、もう大きな成果を得る必要も、
それによって認められようとする必要もなくなりました。


余計な気負いの抜けたUさんは、
落ち着いて目の前のことに取り組み、
仕事の成果もかえって上がるようになっていきます。

何よりも気負いのないUさんは、心も顔つきも穏やかになり、
周囲の人たちとの関係も良好になっていきました。


そう、答えは自分の中にある・・・ということですね。


私たちはどうやら、自分のことを一番よく知っているようで、
時には一番自分を見失ってしまうことがあるようです。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| カウンセリング・悩み相談 | 07:25 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:25 | - | - | pookmark |