CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
自信をつける 前向きになる モチベーションアップの悩み相談サイト
最新講座ランキング
1位:プロのカウンセラーは一体どんなふうに人と接するのか? 実際にプロが人とどう接しているか、プロの技術をアナタはご存知ですか? これが知られざるプロのカウンセリング技術だ! 2位:人はなぜ自分を好きになれないことが多いのか、そして、なぜ自分を好きになることが大切なのか? 意外と理解されていない、その本当のワケとは...... 3位:素朴な疑問だけれど、人間関係はどうして難しいのか、また、どうすれば人間関係がスムーズになるのか? 改めて知りたいと思いませんか? 人間関係がスムーズになる秘訣はこんなにカンタンだった。 4位:なぜか他人の目が気になって仕方ない。やりたいこともできず人生損してる気がする。もっと積極的になりたいと思ったことはありませんか? こうすれば他人の目なんてもう気にならない! 5位:「木を見て森を見ず」にならないよう、多角的・総合的に自分を磨きたい。リーダーになる資質をお持ちのアナタは必見です! ワンランク上を目指すアナタへの大事なお知らせ。 6位:小難しい理論や能書きはもう要らない、具体的にどうすればいいか知りたいだけだ!いざというとき役に立つ、超実践ノウハウの数々、アナタも見逃してはいけません。 いますぐ実践ノウハウを手に入れて使い始めるには.....
自己啓発書
最も読まれている記事は?
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
自分に自信をもつ必要はあるのか?

こんにちは、鈴木です。



【自分に自信を持つには・・】

あなたは自分に自信がありますか?

それとも自分に自信がないですか?


私のところの最近の傾向として、
自分に自信がないという相談内容が増えています。

年齢的には20代後半の男女が多いですが、
30代、40代の方もおられます。

多くが「スマホで検索して予約しました」と回答していて、
ここにも時代を感じます。


ただ、ネットや端末の機能は進歩しても、
人間の内面で起きることに大きな変化はないようです。

自分に自信がないと悩む人は、いつの時代にもいます。


さて、ここでちょっと
角度を変えて考えてみましょう。

そもそも、自信というものは、
そんなに必要なものなのでしょうか?


結論からいうと、無いよりはあった方が良いと思います。

自分に自信をもつとは、自分を信じられるともいえます。

自分がなにかできると信じられる方が、
様々なことにチャレンジもし、成果もあがりやすい。


逆に、著しく自信を失うと辛いでしょう。

自分はダメな人間、
何をやっても上手くできない人間だと思ってしまう。

そこから自分を責めはじめ、
自責の念に歯止めがかからない。

こうなると、元気も心の安息も失われ、
最悪「うつ状態」になりかねません。


しかし、もう一度ここで考えてみてください。


自信がなければ生きていけないか?というと・・
そうでもなさそうです。

自分に自信がなくても、
仕事や生活を人並みにこなすことはできそうです。

現に多くの人たちが、自分にそんなに自信がなくても、
しっかりと日々を過ごしています。


では、自分に自信がないままで、
自分の生活を回していくには、何が必要になるでしょうか?


それは「役割意識」「責任感」だと思います。


自分がやるべきこと、任された役割、
それを誠実にこなそうとする。

そういう意識を保つことで、
仕事や生活は成り立つ部分が大きいはずです。

例え思うようにできなくても、
評価がもらえるほどに上手く出来なくてもです。

自分なりにしっかりやろうという意識が、
気づかないところで自分を支えていたりします。


「自分に自信なんかもてないけど、
せめてやるべきことはしっかりやらなきゃ・・」


こういう意識は自分自身をけっこう支えてくれたりします。

自分の役割をしっかりとこなし、その責任を果たす。

そういう意識が自分の生活を引き締めてくれます。

こうした「引締め感」が、心を整えてくれて、
自信はないけど、やっていこう・・となります。


何も大きなことを成し遂げる必要もありません。

時間をしっかり守るとか、お礼、お詫び、
日々のあいさつはちゃんとする。

後片付けを丁寧にするとか、言葉遣いを丁寧にする。

こういう小さな、
すぐにできることからで問題ありません。

こうした小さな積み重ねが、
自分の役割や責任を果たすための力になると思います。


ですから、自分に自信が持てず、
不安や焦りがあっても大丈夫です。

日々の目の前のことを誠実に行うようにしてみるだけで、
何か、心が穏やかさを取り戻していきます。

不安や焦りを感じながらも、
同時に目の前のことは丁寧にやってみる。

自信はないままだけれど、
時間やあいさつ、言葉遣いはきちんとしてみる。

つまり、こうした「引締め感」が
あなたを救ってくれるかもしれません。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<







| 自信をつける方法 | 11:28 | - | - | pookmark |
心を安定させる方法

こんにちは、鈴木です。


「心を安定させるもう一つの秘密」



自信をもつためにもう一つ隠れた秘密があるといったら・・・

あなたは興味ありますか?

どういうことか、ご説明しましょう。


一般的に自分に自信をもつには、何かを達成することが必要だと思われています。

仕事でも学業でも成果を上げ、好結果を得ることによって自信がつくというものです。

そして、それによって周囲に評価され、認められることでさらに自信がつく。

そう思っている人は非常に多いと思います。


次に、自分に対する捉え方を否定的なものから肯定的にすることも重要でしょう。

自己評価をいたずらに低くするのではなく、もっと高いものにしていく。

これは仕事や学業の成果が上がるのを待たずにできますね。


「自分なんか、何をやってもどうせ上手くいくはずがない」

「人は自分のことを"使えない人間だ"という目で見ているかもしれない」

「自分は周りから"存在価値"がないと思われているのではないか」


このように自分を責め、低く評価することで、自信喪失につながってしまうわけです。

つまり、自分の自信を削いでいるのは、他ならぬ自分自身だということになります。

そこで、自分に対する捉え方を変えていきます。


「自分ならできるかもしれない」

「周りがどう見ていようと、自分のできることを精一杯やるしかない」


こんな風に自分に対する捉え方(言葉)を入れ替えてみるのもいいでしょう。

実際私も自分に価値があるかどうかなど、あまり考えたことはないんです。

価値なんかなくても生きていけるし、生きてもいいんだと思っているところがあります。


まあそれはともかく、こうした自分自身へのアプローチによって、
自信をもてるようにするということですね。


ただ、これらはあくまでも自分一人に焦点を当てたものですね。

「個」に焦点を当てた考え方といえるでしょう。

しかし、社会で生きていくためには、
一人だけでなく、いろいろな人と関わりが必要です。

あなたもこれまで誰かから影響を受けたり、誰かに影響を与えたりしてきたはずです。

ということは、人との関わりといった経験から自信を得たり、
逆に自信を失ったりしてきたかもしれませんね。


実は、ここにあなたが自信をもつための重要なカギがあります。

ある意味それは、一般に言われる自信という概念をも超えたものかもしれません。

精神的な安定感とか人としてのバランスの良さ・・といった感覚に通じるものですね。

では、あなたがそうした精神の安定感を手に入れるために
必要な経験とは、どのようなことなのでしょうか?


心に安定をもたらすその瞬間とは、実は、次のような瞬間なんです。


「自分の本当の気持ちに深く共感されたとき」


ポイントはあなたの"本当の"気持ちというところです。

そして共感されること、それも"深く"ですね。


自信を失った多くの人たちが、自分の本当の気持ちを否定された経験をもちます。

逆に、自分の本当の気持ちを肯定されるような経験があると、自信がもてるようになっていきます。

人間として成熟するためには、自分の様々な感情を受け入れてもらえたという経験が必要です。

自分の本当の気持ちを受け入れてもらえるということは、自分が様々な感情を抱いてもいいのだと思えること。

そんな風に自分の様々な感情にあなたがOKを出せれば、生きるのがとても楽になります。


そして自分の気持ちを肯定されたという経験の中で、
最もそれが強く実感できる瞬間が、人から共感された瞬間なんですね。

自分と同じ気持ちになってくれたという経験によって、
限りなく肯定されたという実感を得ることになるんです。


「ああ、わかってくれたんだ・・・」


誰かに自分の本当の気持ちに共感してもらえたら、
あなたは限りない安心と心強い感覚を覚えるはずです。

共感される、理解されるということは、それほど大きな喜びなんですね。

そしてその共感の度合いが深ければ深いほど、救われたり、勇気を得られるものです。


カウンセリングのグループセッションで「エンカウンターグループ」というものがあります。

近々開催予定ですが、このグループセッションも同様です。

グループメンバーから自分の本当の気持ちを深く共感される経験をする。

その経験が心の安定、安らぎ、そして勇気を与えてくれるんです。


何か結果を出して、評価を得ることで自信をもつこともあります。

自分自身の捉え方を意識的に変えることで自信をもつこともあります。

そして今回お伝えしたように、自分の本当の気持ちを深く共感されることによっても同様です。


つまり、あなたが心の安定を得るには、知識や意識的な努力だけでなく、
心が動かされる経験が必要だったということになります。

自分の正直な思い、気持ちを深く共感してもらえたという経験。

ああ、わかってもらえたんだ・・という実感。

それがあなたの心を動かし、力へと変わり、結果的に自信につながっていくわけですね。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 20:34 | - | - | pookmark |
自分に自信をもつには

こんにちは、鈴木です。



「自分に自信をもつ方法」


最近のカウンセリングで、一番多いテーマ。

それが「自分に自信をもちたい」というものです。


自分に自信がもてないために、仕事や人間関係が上手くいかない。

逆にいうと、自分に自信がもてれば、仕事も人間関係も変わってくる。

相談に来られる皆さんは、そのことをよくわかっています。


そこで相談に来られたほとんどの方が、こういう考えをお持ちです。


「どうしたら、自分に自信をもつことができるだろう・・」


それは当然でしょう。

自分に自信を持つために相談に来られているのですから。


しかし、実はここに、多くの人が陥る落とし穴が潜んでいるんです。

どういうことかというと・・・「取り組む順番の問題」なんですね。


多くの人は、早く落ち込んだ気持ちや苦痛から抜け出したいと思うはずです。

そのため、どうすればいいかという「方法」を知りたくなるようです。

ところが、どうするかの前に、そもそも「なぜ自信がもてないのか」を知る必要があります。

その原因がわかってはじめて、ではどうすればいいのか?が見えてきます。


そこで私はカウンセリングで、その原因を一緒に考えます。

すると、ほとんどの方が、自信がもてなくなるような「捉え方」をしていることがわかりました。

そしてその「捉え方」は、何らかの経験が元になっていることもわかりました。


その「経験」は人によって様々です。


小学校でいじめに遭い、その時から、
自分や他人に対する不信感から物事を捉えるようになった人。

学校の先生に理不尽な厳しい接し方をされ続け、自分はダメな人間だという捉え方になった人。

小さい頃から親に怒られてばかりだったために、自己否定感を根付かせてしまった人。


その人によって、自信を持てなくなった根本の原因は違います。

違うからこそ、その人に合わせた取り組み方が必要になってきます。


過去の経験を振り返り、言葉にすることで、その人自身が正確に自分の"内面"を捉えなおします。

丁寧に自分を語り続けることで、いたずらに否定的な捉え方をしなくなっていきます。

なぜなら、正確に自分の問題点に気づくことで、どう改善すれば良いかが見えてくるからです。


ここまでくれば、否定的な精神状態や捉え方も、すいぶん肯定的になってきます。

やはり何が問題か、その原因がわからないというのは、一番辛いことなんですよね。

逆に、その原因が見えてくるだけで、多くの相談者の皆さんは息を吹き返されるようです。

何よりも、その原因に気づくだけでも、気持ちがとても楽になるんですね。


自分に自信をもつための最も確かな方法は、先ず、自信がもてない原因を知ることです。

そして、そのために自分の心の中がどのような状態になっているのかに気づくこと。


カウンセリングではその部分を丁寧に、じっくりと捉え直します。

そのため、一人で悩むよりもはるかに早く、そして確かに自信をもつことができます。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 08:35 | - | - | pookmark |
本当の自信とは?

こんにちは、鈴木です。



「もっと大切なこと」

大きなことをやって、
多くの人から賞賛されることばかり考えるよりも、
目の前の大切な人を笑顔にすることを考えてみる。

周りの人からどう思われるかを気にするよりも、
周りの人がどんな思いでいるのかに気を配る。

人に誇れることを追いかけるのではなく、
自分に誇れることを大切にする。


誰かに認められなくてもいい。

人よりできないことがあってもいい。


人と自分を比べて落ち込んだり背伸びしたくなったら、
一呼吸おいてみよう。

そうしたら・・・もっと大切なことが見えてくるはず。

あなたにとって大切なことはなんですか?


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 17:23 | - | - | pookmark |
少しずつ自分を信じる

こんにちは、鈴木です。



「少しずつ、少しずつ」


人から自分がどう思われているかを気にするよりも、
自分が人をどう思っているかに気がつく。

するとなにか発見がある。


人と自分を比べても、何もいいことはないし、何も生まれない。

比べたり、ジャッジしたり、そこに未来はないはず。


自分ができることを一つ一つ丁寧に、心をこめてやる。

未来はその先に開けてくると信じて。


そういう自分だと思えることで、自分を少しずつ、少しずつ
信じてもいいのかな・・と思えるようになるかもしれない。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 08:00 | - | - | pookmark |
自分のことが好きか、嫌いか

こんにちは、鈴木です。



「自分のことが嫌いです」


カウンセリングに来られる方で、そう打ち明ける人は多いです。

だから「本当の自分」を知られたくないと思い、
「良い人」を演じてしまうというのです。

だから人と関わることで疲れてしまうし、
本当に心を通わせることができないのだそうです。


「自分のことが好き」といえる自分。

そんな自分のままで人と接することができる生き方。

それはとても幸せなことかもしれません。


あなたは自分のことが「好き」ですか?



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 10:15 | - | - | pookmark |
自分を信じる力

こんにちは、鈴木です。



「どうしたら自信がもてるの?」


「自信」という言葉は「自分を信じる」と書く。

人からどう見られるかじゃない。

自分のことを自分自身がどこまで信じてあげられるか。


それが最後には力になってくれる。


自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 08:52 | - | - | pookmark |
より自信をつけるには?

こんにちは、鈴木です。


自分を認める、自分をほめる、自分を励ます。

これ、結構大事だな・・と
最近思うようになりました。


自分を大切にできるからこそ、
他人も大切にできる。


ある意味、これも真実だと思う。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 13:11 | - | - | pookmark |
自分に自信がつく生き方を

こんにちは、鈴木です。


人の目が気になる。

人から自分がどう思われるかが気になる。

人間関係に自信がない人から聞かれる言葉です。


誰だって人から良く思われたいとか、
人に好かれたいという想いはあると思います。

しかし、その想いに振り回され、
自分自身を見失ってしまったら・・・

自分のやること一つ一つに自信がもてなくなりますね。


第一、そんな自分自身を
否定的にしか見れなくなってもきます。

この「自分を否定的にみる」というのが、
実は、あらゆる悩みの元だったりします。

逆にいえば、自分自身を肯定的に見れることが、
悩みを解消し、幸せな生き方につながるといえます。


人からどう思われるかを気にするのではなく、
自分が自分をどう思っているかを気にしませんか。

人から好かれるように振る舞うのではなく、
自分で自分が好きになる生き方をしてみてはどうでしょう。


自分の行動、言葉、考えていること一つで、
自分を肯定的に見れるようになるのではないでしょうか?

人に評価される生き方ではなく、
自分で自分を信じられる生き方ができればいいですね。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 07:52 | - | - | pookmark |
自信をつけるには、一つのことを続けることから

こんにちは、鈴木です。


「ただただ一つのことを・・・」


ある一つのことをやろうと決める。

そしてそのことにひたすら専心し続ける。

その間、いろいろな出来事が起こり、いろいろな経験をする。


それでも一つのことにこだわり、大事に思い、大切にしていく。

やがて、傍からみると、その人の言うこと、やる事には、
「一貫性」というものが感じられてくる。


常に同じことを同じように丁寧に津続けている。

本人の感覚としては、それ以上でも、それ以下でもない。

でも、傍からすると、そこに「こだわり」や「信念」というものを感じる。


本人は「貫こう」という気負いは、実はさほどなかったりする。

そこにプライドや自負心があるかというと、意外にそうでもない。


ただただ、そこに「真実」を感じて、その真実に沿って物事をしているだけ。

真実に沿ってものを考え、行動することが、一番確かだと知っているだけ。

でも、周りの人たちからすると「ブレない人」として映る。


やっている人からすると、その心は実にシンプル。

一つのことをやろうと決めて、それをずっと続けている。

本当にただ、それだけのことなのかもしれません。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<








| 自信をつける方法 | 13:57 | - | - | pookmark |
| 1/9PAGES | >>